チャンピックスの効能と副作用

チャンピックスは禁煙を助ける飲み薬です。
そもそもタバコの常習性は、タバコに含まれるニコチンが脳内のニコチン受容体と結合することによって発生するドーパミンという物質が快感を与えることによるものです。
従って、禁煙によりドーパミンの発生を断つことによって、イライラ感等のいわゆるニコチン切れの症状を感じてしまうのです。
そこで、このニコチン切れの症状を和らげる役目をするのがこの薬の効能です。
本薬は、ニコチン受容体と結合することにより、少量のドーパミンを発生させることができます。
これにより、仮想の喫煙状態を脳内に再現し、ニコチン切れの症状を和らげるのです。
また、禁煙中に我慢しきれずタバコを吸ってしまった場合でも、ニコチン受容体は先にチャンピックスと結合しているため、体内に吸収されたニコチンはニコチン受容体と結合できません。
これにより、今までタバコを吸って味わえたおいしさを感じられず、満足感を得ることができないようしてくれます。
一方、本薬の服用による副作用として、頭痛や吐き気、便秘の症状があるとされています。
また、一般的に禁煙薬の使用に関わらず、禁煙という行為に伴う感情の落ち込みや不安、焦りといった精神的な症状も報告されています。
これら症状は、国内臨床試験における結果として認められたものです。
しかし、チャンピックスは医師の適切な指導の下、適量を指示どおりに服用すれば非常に効果の高い、安全な禁煙薬として脚光を浴びています。